オンラインボイトレに必要な設備

オンラインボイトレに必要な設備

オンラインボイトレに必要な設備 自分の生活に合わせて無理なく受けることの可能なオンラインボイトレですが、その際には必要な設備があります。
もっとも重要なのはオンライン環境で、安定してビデオ通話ができる光回線の利用が望ましいです。
場所を選ばない無線通信であれば、光回線に対応したルーターやwi-fiを利用することで、高速通信が実現できます。
有線接続の場合には、高速通信に対応したカテゴリ5eやカテゴリ6のLANケーブルを使用することで、円滑な受講が可能になります。オンライン環境と同様に重要なのが大きな声を出せる環境で、wi-fiが利用できるカラオケボックスに行くのも手段です。
しかし、混雑や他の音楽を気にせずボイトレを受講したい場合には、自宅に防音室を設置する必要があります。
とはいえ、近年では安価な段ボールを使用した簡易的な防音室が通販で購入できますし、小型な物なら自分で組み立てられるので、特別な設備のあるスタジオを借りたり大掛かりな工事は必要ありません。

ボイトレの成果を発揮するための設備やマイクの種類について

ボイトレの成果を発揮するための設備やマイクの種類について ボイトレを行う中で使用される設備には様々なものがあり、知識がないままに選ぶのはとても大変です。
この記事ではダイナミックマイクとコンデンサーマイクについて説明します。
前者は比較的安いものが多く、目の前に対して音が広がる単一指向性が特徴です。
こちらは音の振動で声を録音する仕組みになっています。
後者は高価なものが多く、周囲すべてに音が届く無指向性が特徴です。
こちらは音の振動に加え静電気で声を録音する仕組みになっています。
このような特徴からライブステージなどには前者が適しており、スタジオ内で歌声やサウンドを丁寧に録音したい場合には後者が適していると言えます。
このことからボイトレを行うときにはどちらの種類も使用し、場面よって使い分ける事が理想的と言えます。
そのことにより表現できる音楽性も広がるからです。
自分の実力や練習の成果を十分に発揮するためにも、悩む前にまずはいろんな種類を試し、自身の声との相性を確認してみる事が大切です。

新着情報

◎2020/8/27

オンラインボイトレ申し込み
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

オンラインに必要な設備
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ボイトレ オンライン」
に関連するツイート
Twitter